家族をネタにして

ゴールデンな日になった

東京から 息子が帰省。
夫婦だけだと ゴールデンウィークっぽくないけれど
「普通のお勤め人」のおかげで 華やかー。

gogogohan

宴でした~♪


ぽちっとヨロシク~


こっちもー
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ  

花火ケーキ

息子と お嫁ちゃんが
母の日と お誕生日をかねた お祝い会を開いてくれましたー。

いやん 超幸せやんかーー

IMG_2940
花火が シュッシュするケーキって テンション上がります。

と アタシの半欠けでいれた部分 
昭和の香りが プンプンするー(笑)


プレゼントは 伊勢丹の傘。
IMG_2938
お嫁ちゃんセレクト。。

ほぉ へぇ
大学 主席だった時があったんだぁ。。
ひゃあ

お嫁ちゃんも 傘も 超ラブリー♪

いい日でした。
本当 ありがとー息子ー 良いお嫁をもらってくれて (´▽`)



できましたらば ぽちっと
b_04


こちらもー
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ  
 

50インチのテレビ

三が日も あっと言う間

お節も もう あとわずか。。
テレビの特番も そろそろ 終わりかな。
DSC_2514

で 今日のメインは 左の上隅の牛肉のニンニク焼き
めいっぱいの にんにく味だよん(笑)


九州に帰省していた隣人さんも 
かるかんのお土産とともに 帰っていらした。

東京に住む我が家の息子も帰省していましたが 
彼も 戻って行きました~。
話していたら 去年の10月頃に 

50インチのテレビ


を買ったんだそう。
うきょー 我が家のテレビより デカイやん

ヨドバシカメラで 安さにふらっと衝動買いしたんだそう。。

っていうふうに ちょっとした大金も出せるくらいに、
なんか ちゃんと暮らしているふうで ありがたい。

カラダに気を付けて どうか また一年 
いい年が送れますように、と 母は願うばかり。

戻っていくと ほっとするような さびしいような、、ですね~。
(*・ω・)ノ 

あっそうそう 「お母さん 痩せた?」とか アタシを喜ばせるようなセリフも
吐いていきましたー(笑)


戻ってキター
b_04

こちらもー
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ  

おボーン

お盆行事 まっさかり。

とはいえ、夫婦ともども
帰省するほど 遠くに実家がないので
まっ 普段通りの生活の中で 
お墓に行ったり 迎え火したり およばれしたりです(笑)

そんな中
我が子 長男・次男の「家」に対する向き合い方の違いに
びっくりします。

長男は おでかけ、、、する前から
何時から おばあちゃんち? 
と 予定を 再三確認してました。
普段 毎日 夜遅くまで 多忙な仕事をしているので
まとまったお盆のお休みくらい 自分の都合でいいから、、
と 言っても やっぱり お盆行事を そつなくこなしています。


一方 次男。。
見事なまでに

一切の連絡なし!!
Σ( ̄ロ ̄|||)


お盆だろうがなんだろうが
いつも自分行事優先、、っていうか 家に合わせようとか
そういう考えは 彼の頭の中には まるっきり ないんだと思います。




長男、次男 同じ親が育てて 同じように育った、、、
ように見えてて 多分 微妙に違う育て方 してたのかもしれません。

あんど 
最初にそこのお家に生まれた子と その後で そのお家に加わった子
っていう かえようがない事実も加わってくるんだとも思います。

それにしても 違いすぎーー!! 笑笑


ちなみに アタシもダンナも 次男次女。
ケセラセラ 出たとこ勝負で なるようになるさー、的な。
あーー、なんか わかるー、と 思った人 

正解♪ 


 なかなかハイアガレナイ
b_04


こちらもー
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ

非合理の中の本来的な生き方

人は言うまでもなく非合理なのだから 非合理に振る舞うことが
本来的な生き方なのではないかという議題がオレの中で 活発化してる 

これは
地元に就職したにもかかわらず半年で辞め 
東京さ 行ってしまった
我が家の次男くんの ある日のツイートです。

っていうような ちょっと胡散臭い文学少年なんですが
彼が

お誕生日でしたー。

今は クリエイティブエンジニア、っていう
もっともらしい肩書きをもらって
食うには困らない程度のアルバイト生活を送ってるみたい。

みたい、、っていうのは 
実は お誕生日おめでとうメールを送っても
それさえも 全然無視の

なしのつぶて

状態だから。(ノ`Д´)ノオイコラッ!


でもですね、ほっんと 今の時代 便利なもので(親側意見です) 
内緒でツイッターさえ覗いていれば
息子のことは だいたい把握できてしまうという現実。
風邪で寝てたり 3日間 300円で過ごしていたり
かと思うと なんちゃらを何万円 で買ってたり
まあ 近くにいるのと同感覚で わかってしまうわけです。


で その中で お誕生日だった、っていうツイートに

去年あんな白い職場で働いていたのが 全力で実感がない。
今後どう思うかわからないけど 辞めてよかったよ、ホント。

って書いてました。
辞めてよかった、のみならず
ホント、っていう言葉に 本当にヨカッタことが伺え
まあ、それならそれで 親としたらば ヨカッタね、
って思ってあげられるって言うか。。

で そのツイートに

今の生活が 充実しているように見えるのが なによりです

っていう お友達からのリツイートもあり
そかそか そうなんだねと 
ちょっと嬉しくなったわけです、母としましては。


親の思う幸せのレールが 子供にも当てはまると思っちゃダメ。
子どもが 自分で敷いていく道を 遠くから見守るだけでいい
、、んだと思います、多分、多分ねー。



先生のことをお母さんと言い間違えるのと同じ原理で
いつ社長のことをお母さんと言い間違えてしまわないかと
日々恐れている



実際は アタシには なんら関係ないけれど 
ちょっと嬉しかったツイート。 (´▽`)


お誕生日おめでとー。



おっ
b_04


ヨロシクー
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 豊橋情報へ 


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール